実況プレイ、生放送、歌ってみたをうpしてる「HaL」のブログです。
HaLの実況動画の作り方を説明するブログです。
ゲーム実況プレイ動画の作成方法、動画の作り方
ニコ動や、youtubeにアップする方法を紹介するためのブログです。

2013年10月02日

PSVITAの実況動画を作る方法

最近SONYの発表でVITA TVというのが発表されましたね。
これは液晶モニターと背面タッチとコントローラーのボタンが無いPSVITAって事みたいです。

vitatv.jpg

コントローラーはPS3のコントローラーが使用できて、
液晶の代わりにTVにつなぐことができるみたいです。

完全に据置ゲーム機になってますが、TVにつなぐということは映像出力があるということです。

そう。これでようやくPSVITAのソフトの実況も高画質で撮れるようになりそうです。

しかしよく見ると映像出力の端子はHDMIのみです。

液晶テレビが普及してしばらくたつので当然の流れかもしれませんが
今までキャプチャーはS端子とかアナログだったという人は、
HDMIのキャプチャーボードの購入。ドライバのインストール設定のやり直しなど
ちょっと敷居が高くなりそうです。

そこで活躍しそうなのが

これか

これ(おすすめ)

上の安い方は防犯カメラなどでどうしても古いテレビにHDMIの映像を表示したいという人が使ってるのを見たことがあります。

ただ、S端子がないので、どうせ買うのなら下のS端子有のものを購入した方がいいと思います。

VITATVはおそらくHDCPでノートパソコンなどのUSBタイプのHDMIキャプチャーでは
そのままだとキャプチャーできないようになってると思うので

これを使えばノートパソコンで、現状のキャプチャー環境で実況ができるかもしれないですね。

ゴットイーターなどのラグが命取りになるゲームの実況の場合


二股のケーブルもあった方がいいかもしれません。

詳しくは→実況時のラグ回避の記事で。
posted by HaL at 14:33| Comment(0) | VITA実況の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。