実況プレイ、生放送、歌ってみたをうpしてる「HaL」のブログです。
HaLの実況動画の作り方を説明するブログです。
ゲーム実況プレイ動画の作成方法、動画の作り方
ニコ動や、youtubeにアップする方法を紹介するためのブログです。

2012年02月17日

実況プレイ動画作成 入門編

こんにちは!HaLです。
今日は実況動画の上げ方を説明します。

コンセプトは
「とりあえずお金をかけず簡単に手っ取り早く」です。
入門用として見てください。

まず最初にこちらをダウンロードしてください。中に画像がありますのでそれを見ながらこの記事を見てもらえるとわかりやすいと思います。
実況1.zip

これと
audacity.exe
これ
nicoenc.zip
は、実況1ファイルの中に入れて置いてください。

------------------------------------------------------
事前に用意してほしいもの(お金がかかるもの)

1.キャプチャーボード
2.音声録音用のマイク(skypeで使用してるものでおk)
3.実況したいソフトとゲーム機(まぁ…一応ねw)
ブログを参考にしてもらえると助かります。
http://ameblo.jp/hal-rider/entry-10914639899.html

------------------------------------------------------
キャプチャーボードは、これか


スペックの低いノートの場合は


これなんかが入門としては最適だと思います。

オススメは上のほうです。




■実況動画を投稿するまでの流れです。使用するソフトをカッコ内に記載しますので参考にしてください。

@実況動画を録る準備、ダウンロードやインストール。

A実況動画を録る+音声を録る(キャプチャーボード付属ソフト+超録)

B録った動画の音声を切り離す(Aviutil)

C切り離した音声と録音した自分の声を合成する(Audacity)

D合成した音声を動画にくっつけてAVI出力する(Aviutil)

Eニコ動用に動画を圧縮(エンコード)する(ニコエンコ)

大変なのは@、Cです。がんばりましょう。



■@の説明

※まず説明しやすくするために画像フォルダ内「1.jpg」を参照に拡張子を表示するようにしましょう。
zipまたはUSBに入ってる「zikkyou」フォルダをパソコン内CドライブまたはDドライブなどにコピーしましょう。

1.キャプチャーボードのドライバのインストールからしましょう。
キャプボによって違いますが、付属しているCDや、メーカーページ内ダウンロードから
購入した機種の型番の「ドライバ」を選択してインストールしましょう。

このときに付属でついているキャプチャーソフト(※ゲームの映像を取り込むためのソフト)を
インストールしておきます。

それができたらゲーム機などの接続です。(なるべくS端子で接続しましょう)
接続方法は…雄と雌というのは刺さるようにしか刺さらなくなってますので省く!!


2.そのほか実況動画作成に必要なものはzipの中に入れておきました。
画像フォルダ内Aを参照に「aviutl99k2フォルダ」と「ニコエンコフォルダ」をCドライブ直下に置きましょう。
※Cドライブとはコンピューターをクリックして出てくるローカルディスク(C)のことです。


3.Cドライブ直下に置いたフォルダの中の「Aviutil.exe」「ncoenc.exe」と
はじめから入っている「audacity.exe」「chorokuf128a.exe」を一度クリックしてください。

その後、「Aviutil.exe」「ncoenc.exe」「audacity.exe」「chorokuf128a.exe」を
右クリック→送る→デスクトップ(ショートカット作成)でデスクトップに置いておきましょう。

これで使うソフトの準備的なアレがが完成しました。

■Aの説明

次に実況動画をとります。

1.超録とキャプチャーソフトを起動します。

○超録の入力デバイスが自分の使っているマイクになっているか確認しましょう。画像フォルダB参照
 ほとんどの場合「ライン/マイク入力」か「USBデバイス」と書かれてると思いますが、
 一度録音してみて声が入るものを使ってください。

※どうしても声が出ない場合。画像フォルダC、D参照
右下スピーカーマークを右クリック→録音デバイス→使ってるマイクを選んで右クリック→プロパティより
ミュートを確認してください。


♪超録で音声を録りはじめて2秒後くらいに映像の録画ボタンを押すと後で編集が楽です。♪

        出来上がった映像と音声はなくさないようにしましょう

■Bの説明

動画と音声を撮り終えたら、映像からゲームの音だけを取り出します。

Aviutilを起動して、先ほど録った「動画.avi」をドラック&ドロップして放り込みます。

左上ファイル→WAV出力をクリックして、保存した居場所を選択して、名前をつけて保存しましょう。

これで、ゲームの音だけの音声ファイルが完成です。

■Cの説明

「audacity」を起動して、ゲームの音声ファイルと自分の声のファイルを順番にドラック&ドロップします。

※画像ファイル8参照

音声の波形が見えない場合は@のプラスを押して見えるようにしてください。

ゲームと自分の声が合うようにAを押しながら自分の声のBのような無音部分ををカットしつつ調整してください。
音量は左にあるゲイン調整をいじって調整してください。

注:上のゲーム音声はカットしないこと。オトガズレマス
プレイの前半にゲームの音と自分の声で合わせるところがわかるように編集点を入れると楽になります。

音声の編集が終わったら左上のファイル→書き出し→任意の場所に合成した音声だとわかる名前にして保存してください。

■Dの説明

ここまでくればここからは簡単なので、さくっと説明を終えてしまいます。

Aviutilに「動画.avi」をドラック&ドロップしてください。

左上のファイル→音声読み込みで、Cで作成した合成音声を選択しましょう。

次に、ファイル→AVI出力をします。保存場所を指定して名前をつけましょう。これでDを終了します。

■Eの説明

最後にニコエンコを起動します。

プレミアム会員の場合はプレミアム会員を選択して、参照から、音声の入った動画を選択します。

実行したら後はエンコード完了するまで待ちましょう。

出来上がった「動画.mp4」をニコ動の右上、動画の投稿から投稿します。

後は…動画を上げてからのお楽しみです。


posted by HaL at 22:57| Comment(2) | 実況プレイ動画の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする