実況プレイ、生放送、歌ってみたをうpしてる「HaL」のブログです。
HaLの実況動画の作り方を説明するブログです。
ゲーム実況プレイ動画の作成方法、動画の作り方
ニコ動や、youtubeにアップする方法を紹介するためのブログです。

2012年03月17日

画質アップのために使うS端子ケーブル

こんばんは!

ゲームのハードを買うといちばん最初にコンポジットのケーブルが付属してると思います。

コンポジットとは赤白黄色のケーブルです。

実況プレイ動画を作るときに使ってるキャプチャボードは

最初は赤白黄色とS端子がついてるタイプのものを使ってる人が多いと思います。

↑こんなタイプのものですね。

これを使ってる場合、黄色の映像ケーブルだと、ちょっと画質が悪いので

是非S端子を使ってください!

この二つの画質の違いは、小学生のサッカーチームVS中学3年生のサッカーチームくらいの差はありそうです。

ちなみに黄色のケーブルを小学生のサッカーチームだとすると、

HDMIケーブルはプロサッカーチームですね。

わかりにくくてごめんなさいw



コンポジット < S端子 < コンポーネント = D端子 < HDMI

画質順に並べたらこうなると思うのですが、

コンポーネントから先はキャプチャーボードがちょっと高価なものに変わるので

S端子の紹介します。


それではハードごとに使ったほうがいいと思うケーブルです。

まずPS3とPS2とPSです。
この3台のハードは同じ端子を使ってるので一緒のケーブルで使えますが、
ケーブルの値段によって画質に差がありました。いちばん綺麗なものを使ってますが、それがこれです。


次にPSPです。
PSPの実況をするときはこれですね。

※PSP-1000シリーズはだめみたいです。

次にWiiです。


最後にXbox。


こんな感じです。

これでも画質に満足ができなくなった人はキャプボを変えることになるので、
それはまた次回に紹介します。